タバコやお酒による毛穴トラブルと毛穴ケアの関係について

タバコやお酒による毛穴トラブル

お酒は百薬の長と呼ばれることもありますよね。
でもタバコはマイナスしかありません。
毛穴トラブルの原因にもなってしまいます。
百薬の長であるお酒も過度になっていけば、毛穴の悩みを作る原因になるのです。
毛穴ケアを頑張っているなら、その努力を無駄にしないために知っておきたいことも覚えておきましょう。

 

タバコとお酒が毛穴トラブルの原因になるとき

 

正直タバコにはメリットがありません。
ストレス緩和に効果を発揮してくれると思いやすいのですが、ストレスを和らげるほかの方法があります。
毛穴トラブルを避けるためにも、禁煙すべきなのです。
喫煙した分、肌そのものが削られると考えると、前向きに禁煙を考えられるでしょう。
ニコチン依存も深刻ですし、ガン発症のリスクも上げる要因がタバコです。
タバコの煙のニオイの問題だけではなく、喫煙で生じる活性酸素も毛穴だけではなく、肌そのものを痛めつけます。
つまり1本の喫煙で、毛穴ケアの努力の積み重ねはゼロになる、というわけです。

 

お酒もほどほどであれば気分を楽しくさせてくれるものなのですが、過度に飲み続けていれば、健康問題を引き起こします。
お酒に頼らなければ耐え切れないストレスを抱えているなら、別の方法でなくしていくほうが賢明です。
たしなむ程度であれば、肌に問題が起こることはありません。
しかし多くの場合、飲みすぎて健康問題を引き起こすことが多くあります。
内臓疾患や生活習慣病の引き金を引くリスクを抱えているのがお酒です。
そこまで行く前に、開きすぎた毛穴として肌で教えてくれることも多くあります。

 

少しずつでもやめていけるようにする

タバコやお酒の大きな魅力は、一時的であっても気分を良くさせてくれることです。
味が嫌いだけど、楽しくさせてくれる、あるいは、気分がリセットできると感じやすい問題をタバコとお酒は抱えています。

 

毛穴ケアを頑張っていても、タバコとお酒を楽しめばその効果は薄れていくという事実を知っておくことは必要です。
一時的な気分の良さが毛穴トラブルを引き起こすと知っていたら、やめていくこともスムーズにできるでしょう。

 

毛穴や美肌のためにも、タバコとお酒は控えていくことが最も毛穴問題から解放される方法です。
病的にタバコやお酒を楽しむことがやめられない場合は、医療機関に頼る方法もあります。
現在は禁煙外来も保険適用できるようになっていますし、お酒の悩みも医療機関でサポートすることが可能です。

 

強い意志さえあればやめることができる、という意見もあります。
しかし強い意志だけではできないこともあるのです。
やめられないのは意志の弱さではなく、依存に陥っていると判断してもかまいません。
毛穴ケアのためにも自分に最適な方法でやめていきましょう。